Loading

当ホームページ内検索↑

アクセスカウンター

足底筋膜炎

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い。(ウィキペディア参照)


私はお医者さんではないので、「この足の裏の痛みは足底筋膜炎ですね」と診断することはできません。


一般的な足底筋膜炎の説明では炎症と書かれていますが、炎症とは発赤、発熱、腫張、疼痛などで体を修復しようとする生体の反応です。


足底筋膜炎と診断されていなくても足の裏の痛みを訴えて治療に来られる患者さんは多いです。

要するに足底の痛みや不快感のことですが、じっとしていても痛い、熱感があり火照る、足の裏がジンジンするなどの症状が多いようです。


私が治療する場合、ポイントはお腹です。

足の裏の治療と合わせてお腹の治療も行います。

腰痛の治療と重なる部分もありますね。


あとは私が教える簡単な体操です。

これを続けていただくと治りも早くなると考えています。


痛みの部分が足の裏なので歩くたびに辛い思いをすることになります。

体のいろんな部分の痛みの中で足底筋膜炎はやっかいな痛みです。

早めに治療をして治したいですね!