Loading

当ホームページ内検索↑

アクセスカウンター

◎めまい・ふらつき・たちくらみ

疾患別メニューのトップになぜ

「めまい」があるのか?

 

めまい・たちくらみがあると気軽に外出できません。

治療院に通うことも一人では自信がない…

 

このように「めまい」「平衡感覚の異常」は生活に直結しています。

 

めまいは反応点治療で楽になります。

往診の濵崎治療院を使ってください。

 

 

〜めまいのメカニズム〜

 

自覚症状がなく、つらい症状だけ身体に起こる「めまい」


耳の中の内耳、平衡感覚を支配する三半規管(前庭)というところには、リンパ液が流れていて、流れに左右差があることで、めまいやふらつき、立ちくらみが起きます。

反応点治療では、内耳に着目した治療を行い 内耳のリンパの流れを改善し平衡感覚の調整します。

 

ふわふわする、しっかりと立てない、頭が重たいなどの症状から、肩こりや頭痛も伴うこともあります。

 

少し難しい話になりますが

 

平衡感覚は大脳に入らずに直接、反射で各身体の器官、筋肉に作用します。

 

平衡感覚という感覚は、頭では理解できない(自覚症状が無い)のです。

 

内耳は左右あります。
左右のバランスがおかしくなると、どんな事が起こるか。


例えば内耳の状態がとても悪い時にふっと振り返った場合、右は振り返ったよ、左は振り返って無いよと内耳が情報を送れば、身体は混乱し、どうなっているのかわからず、フリーズした状態になります。

一瞬ですが意識を失った状態に陥ります。

 

筋肉はもちろん言う事をききませんので、手で身体を支える事も出来ずに、バタンと倒れて頭や顔を打ってしまう場合もあります。

最初の方でも述べましたが、内耳というのは頭が動いた時に、半規官の中のリンパ液がサラサラと流れて、有毛細胞がゆらりと揺れて、はじめて内耳が「動きましたよ」と情報を出します。

風邪をひいたとき、鼻から耳管を通して、ウイルスや細菌は耳の中まで簡単に入ってきます。
そうなれば、内耳も軽い炎症を起こし、リンパ液が流れにくい状態になります。リンパ液がサラサラと流れないと、頭が動いても、動きましたと判断出来ません。


内耳というのは簡単に狂ってしまうのです。

 

(視覚、聴覚、嗅覚、味覚などは頭で理解することができます。)

よって、ふらつく、クラクラする、目が回る、などの症状が身体に起こり、その時初めて「調子がおかしいぞ!」とわかるのです。

 

身体が勝手に調整している部分が多すぎるので、コンディショニングは自覚症状だけでは分かりにくいです。

 

自宅で行うセルフケアもお勧めです。

 

当院では、ローラー鍼(ささない針)を使って、安心してできる治療法も指導しております。

 

◎耳鳴り・突発性難聴


「病院で検査しても異常がない」
「薬を飲んでも改善されない」

このような症状が続くと「もしかして耳が聞こえなくなるのでは」と不安になりがちです。器質的な問題がなければ心配することはありません。

 

耳は聴覚平衡感覚の感覚器官。

音はどのようにして伝わるのでしょうか。

 

外耳 → 鼓膜 → 中耳 → 耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨) → 蝸牛 → 有毛細胞


蝸牛には有毛細胞と呼ばれる細胞があります。有毛細胞はリンパ液の中に存在して、音が伝わるとリンパ液の流れが変わります。この流れの変化を感知して、電気信号に変え、神経に伝えるのです。

 

この流れが悪くなり起こるのがこのような症状です。

 

日常生活では、天気の変化やトンネルに入った時、あるいは飛行機に乗った時などに耳に違和感を持たれることもあるでしょう。この状態が持続していると考えるとよいでしょう。

 

病院ではほとんどが原因不明と言われ、これといった対処法もないようです。毎日の手当てで日常生活に差し支えないように、しっかりと治していきましょう。

こちらも継続したケアが必要です。

 

                           上へ戻る