Loading

当ホームページ内検索↑

アクセスカウンター

◎ひざの痛み

膝周囲の筋肉の緊張、関節内に水がたまり関節包の腫張。

じっとしているときは痛みは出にくいが、動作の開始時に痛みが出現することが多いようです。

ひざの痛みでよく言われている、「変形性膝関節症」「軟骨のすり減り」で痛みが起こるのは本当でしょうか。

 

骨が磨り減っても、軟骨が磨り減っても痛みとは関係していません。

軟骨には痛みの神経はほとんどありません。

痛みは筋肉、関節で起こります。

 

関節の変形による痛みは、膝関節周囲の筋肉や血管を緊張させ、血液循環も悪くなり違和感をもたらします。しかし筋肉や関節の問題以外にも隠れた原因(内臓機能低下)があります。

 

反応点治療では、特に下腹部に原因があると考えます。

 

ひざの痛みでもお腹の治療をするのが反応点治療

  

痛みの根本治療を行えば膝の痛みを改善していくでしょう。